事業継続計画(BCP)

ソフテックでは、“当社にかかわる全ての人々を大切にし、人類共通のかけがえのない財産である地球環境を守るために、積極的に関わる”の経営理念の下、企業としての責務(社会的責任)を強く認識しつつ、南海地震等の大規模災害が発生した時であってもプロダクトの供給・サービスの提供を早期に再開するために、事業継続計画(BCP:Business Continuity Plan)を2013年に策定し、計画を実施・維持・管理しています。

また、当社が加盟するFCA(富士通系情報処理サービス業グループ)の会員企業で設立された、「センター相互応援コンソーシアム」に参加しています。
このコンソーシアムは、会員企業で災害時に緊急で必要となる防災備品や飲食料の共同備蓄を行い、災害などの有事の際、共同備蓄品の受け取りが可能となります。さらに、他のコンソーシアム会員企業からの代替サービスや技術者などの応援を受けることができるため、データセンターサービスの継続や円滑な復旧が見込めます。

All rights reserved, Copyright(C) 2018 株式会社ソフテック